ギャンブル依存症の治療法その弐

ギャンブル依存症の治療法その弐

『ギャンブル依存症をなおすために必要なこと』

「ギャンブルができない環境を
つくる」

次におこなうことはギャンブルができない環境をつくることです。

この病気はギャンブルの勝ち負けが問題ではありません。

やるかやらないかが問題になってきます。

ですからあなたの生活環境の中からギャンブルを取り除くのです。

極論から言えば、ギャンブル施設がまったくないところに引越しすることが最良の方法ですが、一般的にいってそれは不可能でしょう。

現実的な方法として借金INGがやった方法を紹介します。

こんな方法です。

〇予定を詰め込む
仕事でも遊びでもとにかく予定を詰め込んで、分刻みの一日をつくること。
借金INGの場合は仕事でした。
平日は会社の内勤仕事をガンガンいれ外出は食事のみ、23時くらいまで働き、土日は派遣でアルバイトをしました(今も借金返済のためやってます!)

〇携帯ゲーム機、漫画、本を持ち歩く
予定を詰め込んでもやっぱり空き時間が出てきます。
ギャンブル依存症のあなたはここぞとばかりにギャンブル施設を探すでしょう。
ここでいったん立ち止まって近くに喫茶店や漫画喫茶がないかを探してください。必ずありますよ。
見つけたら迷わず直行です。
携帯ゲーム機を楽しんでも本を読んでもいいし、ネットでエッチ画像をみてもいいし、やりたい放題してストレスを開放してください。
たった1時間でもストレスから開放されれば気分も変わってきます。
掛かる費用も千円もあれば十分です。

まだまだこれからたくさん紹介していきますよ。

きづいてください。
自分は病気であることを。

自覚してください。
あなたはギャンブル依存症であることを。

断言します。
このままだと必ず墜落しますよ。
借金INGのように…

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。