ギャンブル依存症の治療法その四

ギャンブル依存症の治療法その四

『ギャンブル依存症をなおすために必要なこと』

「人間関係の改善を!」
ギャンブル依存症の人の交遊関係ってギャンブルで繋がっていることがけっこうあります。

会社の同僚や学校の友人などでも、必ず武勇伝のオンパレードが始まります。「この前10万勝ったよ」「あそこの店で5万やられた〜」などなど。そんな話を聞くとやはりギャンブラーの血が騒ぐのでしょう。類は友を呼ぶとはまさにこのことです。しかし、そのままの人間関係では自分の意思に反して行動してしまう恐れがあるので要注意です。

ここでは自分の意思を明確に表現することが大事です。

「俺パチンコ(スロット)やめた!」

この一言で、周囲にも監視の目ができ、ギャンブルに行きづらい環境が出来上がります。
ギャンブルの話題で盛り上がる人間関係は改善しましょう。

あなたはすでに負けてるじゃないですか。しかも借金までして…

まだまだこれからたくさん紹介していきますよ。
きづいてください。
自分は病気であることを。

自覚してください。
あなたはギャンブル依存症であることを。

断言します。
このままだと必ず墜落しますよ。
借金INGのように…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。